【アメリカ大学留学】期限切れまで1年以上あるパスポートは更新できる?必要書類まとめ。

Life Hacks

アメリカの大学に長期に渡って留学する場合、日本を出国する前にパスポートを更新することをお勧めします。

しかし、基本的に日本のパスポートは期限切れ1年を切っていないと更新できない仕組みになっています。

期限切れまで1年以上あるパスポートを所持している場合、出国前に更新することはできないのでしょうか。

期限切れまで1年以上あるパスポートの更新

結論から言うと、期限切れまで1年以上あるパスポートの更新は可能です。しかし、普通の手続きと少し異なる点があるのでここで説明したいと思います。

必要書類

パスポートセンターに持って行く書類

  • 一般旅券発給申請書
  • パスポートのための写真
  • 現在有効中のパスポート
  • 本人確認書類
  • 戸籍謄本/戸籍抄本(有効中のパスポートを持っており、氏名や本籍に変更のない場合は、戸籍謄本・戸籍抄本の提出は不要。)
  • 入学許可書

パスポートセンターで書く書類

  • 事情説明書兼確認書
  • 切替新規・訂正新規・記載事項変更申請に係る返納旅券還付申出書

一般旅券発給申請書について

未成年の場合、法定代理人の署名が必要になりますので、事前に以下のサイトからダウンロードし、親権者や後見人からの署名をもらっておくと、センターを往復する必要がなくなります。

注意事項

本人確認書類について

本人確認書類の一覧はこちらから確認できます。東京都のサイトですが、どの都道府県でも共通で使用可能な書類となっています。

本人確認書類|東京都生活文化局

入学許可証について

通称I-20のCertificate of Eligibility for Non-Immigrant Student Statusという書類がこの入学許可証にあたります。大学から通常は届くのですが、手に入っていない場合は、大学側に早めに問い合わせることが大切です。Visaの申請にも必要になります。

事情説明書兼確認書と切替新規・訂正新規・記載事項変更申請に係る返納旅券還付申出書について

この書類のフォーマットや名称は各都道府県で異なるとは思いますが、自分の現在の旅券番号さえ覚えておけばパスポートセンターで書くことが可能な内容です。事情を説明して、センターの方にそれに相当する書類を頂きましょう。

注意点

パスポートを更新する場合、新しいパスポートの旅券番号は、今使っているパスポートの旅券番号と異なるものになります。ですので、F1ビザの申請や、ESTA申請、出国用のチケットなどをとる前に、パスポートを更新しておくことが望ましいです!

また、一週間ほどはパスポートの更新にかかってしまうので、その間は出国することはできません。

受け取りの際に必要なものは?

本人が受け取りに行く必要があるのに加え、手数料がかかりますので忘れずに持っていきましょう。

終わり

また、これにくわえてわからないことがあれば、パスポートセンターに直接電話して問い合わせることも可能です。

少しでも役に立てると幸いです!

 

コメント