【日替わり内室】中盤攻略! 無課金なのにランク入りするプレーヤーの戦略!

Game

今日は「中盤攻略」として、無課金でランカーになるコツを紹介したいと思います!

自分が中盤なのか序盤なのか、はたまた終盤なのか?という疑問ですが、「闘技場」に入れるようになり、「連盟」機能が解放(正七位)されたタイミングを中盤として、攻略していきます!

まだそこまで行ってないよ、という方はこちらから↓

中盤攻略じゃなく終盤が読みたいという方はこちら↓

連盟は作る?加わる? 連盟メンバーとの連携

まず一番最初に気になるのは、連盟を自ら作るか、誰か他の人が作った連盟に加わるか、という点です。これは私も初見でプレイしていた時に迷った点でした。

連盟に加わる場合の攻略法 メリット・デメリット

まず最初にご紹介したいのが、連盟に加わった場合の攻略法です。

連盟に加わる最大のメリットは、ランク入りする確率が高まる、ということです。連盟には、「連盟経験」というステータスを元にしたランキングがあり、そのランキングでも上位の連盟を狙って加盟申請することで、強いプレーヤーと一緒にゲームをすることができます。

ただ、やはり1位2位に名を連ねている連盟は、課金をしていないと入ることは難しくなってきます。どうしても入りたい場合は、強いプレーヤーの継嗣と重縁を結んだり、個人メッセージを送ってみたり、「宴会」で元宝を貢いだりすれば、加盟できる可能性は上がってきます。

また、加盟枠が空いてない場合は、無加盟の状態のまま、入りたい連盟がレベルアップするのを辛抱強く待ちましょう。連盟がレベルアップすると、新たに枠が増えます。サーバーの他のプレイヤーが続々と正七位になり、連盟に加入していくので、時間が経てばたつほど、メンバー不足の連盟が増えてきます。最初は加入が難しかった連盟も、後々入りやすくなります。デメリットはあまりありません。強いて挙げるとすれば、連盟ランクを制しても「王」ではなく「公」になるところです。連盟ランクで1位を取った連盟は、メンバーが「公」、盟主が「王」になるため、連盟に加わった人は連盟ランクから「王」にはなれないのです。

ただ、無課金だと、連盟を建てても「王」になるのは不可能に近いので、私は基本的には連盟に加わるデメリットは無いと思います。

連盟を作る場合の攻略法 メリット・デメリット

結論から言うと、盟主にどうしてもなりたいという人以外、連盟を作るメリットはありません。しがない盟主でもいいから盟主になって自分の連盟を持ちたい、という方は連盟を作りましょう。しかし、連盟を無課金で作る場合、連盟ランクでランク入りすることは非常に厳しいです。

連盟を作る他のデメリットは、連盟を建てるときに1000元宝が必要になるということです。貯金が必要な上に、一度建ててしまうと後に引けません。慎重に考えましょう。

また、他の人がすでに大量の連盟を建てている場合、連盟が飽和状態になっているため、そこに新たに連盟を建てても、ランキング入りはとても難しいです。そのため、連盟を建てるためには他の人より早めに正七位になる必要があります。

そして、連盟を建てても、誰も加盟してくれないことの方が多いです。そこでぼんやり加盟する人を待っていると、他の連盟に抜かれてしまいます。フリーの人に声をかけて加盟してもらう積極性があって初めて、やっと人が集まってくるようになります。

追い打ちをかけるようですが、連盟を育てる(連盟経験値を伸ばし、連盟財産を貯める)には、「建築」というセクションから、元宝を消費しなければなりません。そこで必要になる元宝の量ですが、

  • 初級建築 10元宝
  • 中級建築 50元宝
  • 高級建築 200元宝

が必要です。「建築」は1日に1回、任意でできるのですが、自分が盟主となると、自ら率先して高級建築をしていかないと、他のメンバーとの信頼が構築できません。

皇宮の「金銮殿」にいる皇帝に挨拶をしても、正七位の俸給は50元宝、それにランキングから「平伏」して、運良く100元宝ボーナスを貰ったとしても赤字です。

連盟が育つにつれて、ダンジョンを他のメンバーのために解放したり、連盟任務を解放したり、連盟争奪戦で自分の連盟を率いたりと、盟主は色々とやることが多いです。

軽くゲームをするはずだったのに…とならないように、気をつけましょう!

元宝の使いどきを見極め、無駄撃ちはしない

元宝をいつのタイミングで使うべきか、という話です。中盤になり、ある程度、「太学」および「継嗣」のスロットの拡張に元宝を使用されているかと思います。

前述したように、連盟の建設に元宝が必要です。メンバーになることを選択し、無事にできたばっかりの連盟に入った際、高級建設を率先してすることで、エリートに選ばれやすくなります。

また、連盟の建設をしないと、自分の連盟が他の連盟に追い抜かれやすくなります。最低でも元宝赤字にならない中級建築ラインを目安に、毎日建築をすることがおすすめです。

「建築」以外の元宝の使い道としては、「奸物成敗」などの名前がついたイベントがあります。このイベントは、何個か種類があって、数日ごとに入れ替わりながらループしています。ここで、アイテムの「ランタン」を流したり、「荊」で罪人を拷問したりすることで、門客ステータス用のアイテムがもらえます。その「ランタン」や「荊」を、銀両と元宝の消費で手に入れることができます。これは、アイテムが手に入るだけでなく、溜まったポイントを他のアイテムに変換したり、連盟でランキングに臨むことができたりするお得なイベントなので、元宝に余裕があるときは参加するのがおすすめです。

また、「宴会」やイベントから「戦闘志願書」を手に入れることも、(兵士が溜まっている場合は)元宝の使い道的におすすめです。1日に1〜2章、物語をクリアするペースを維持するために、BOSS戦が戦闘力不足でクリアできなくなった場合は、「戦闘志願書」の使用によって次の物語に進むことができます。「戦闘志願書」より、効率よく物語をクリアして、報酬を受け取ることができるようになります。

イベント・ランクサイクルとそれを意識したアイテム消費

さて、無課金だと、ランク入りは一筋縄では行きません。

しかし、ランクには種類があり、それが数日ごとに回ってくるシステムなので、ランクに合わせたアイテム・銀両消費をすれば、上位にくいこむことができます。

例えば、権威上昇ランクに備えて、権威上昇を求められていない時は、巻物や丹薬を貯めること。もしくは、親密度上昇ランクに備えて、親密度上昇が求められていない時は、「翡翠の心」などをためておくこと、など、長期的にアイテムを貯めていくことで、無課金プレーヤーでもランカーになることができます。

おわりに

「連盟」「元宝消費」「ランクサイクル」に絞って日替わり内室の中盤攻略をご紹介しました。少しでも楽しめる助けになれれば幸いです。

コメント